1: 名無しさん@ドル箱いっぱい
大当たり確率:1/168
高確率:1/33.7
転落確率:約1/888
賞球数:3&3&15
カウント:5カウント
ラウンド数:3ラウンド
確率変動率:100%
クレオパトRUSH継続率:約97.6%
時短回転数:0回転or8回転or100回転
出玉性能:約200個

【ヘソ入賞】
3R確変(電サポなし):17.6%
3R確変(低確時:電サポ8回転/高確時:電サポなし):66%
3R確変(電サポ8回転):16%
3R確変(電サポ次回):0.4%

【電チュー入賞】
3R確変(電サポなし):17.6%
3R確変(低確時:電サポ8回転/高確時:電サポなし):66%
3R確変(電サポ8回転):16%
3R確変(電サポ次回):0.4%
※電サポ作動中の大当たりは電サポ100回転となる

pyramidden
公式
http://www.takao.gr.jp/special/pyramidden/
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/pachik/1407767829/
2: 名無しさん@ドル箱いっぱい
テンプレ
・潜伏捨てても問題なし。
・プレミアで当たっても、おしおきタイム確定ではない。
・ラッシュ中100回転を越えた場合は1/888.3の転落に当選するまで電サポは続く
・ラッシュ中の赤保留はハズレる

店が閉店リセットしてる前提だけど
①通常(朝一)は1/168で当たり抽選
②①で当たりを引くと100%確変状態になり、そのうち82%でOPT、18%で潜伏確変④へ
③OPT8回転中に1/33の当たりを引くとRUSHへ、引けなければ④の潜伏確変へ
④1/33で当たりを引く潜伏確変モード。ただし当たりを引いたうちの16%だけが③のOPTへ、残りの84%はこの④のままループ
②~④の1/33の状態中常に1/888で転落抽選を行い転落抽選を引くと①の通常モードへ

※RUSH中1/888を引くと1/168となり前回の当たりから電サポ100回目で電サポ終了となる。
故に電サポ100回超えている間はまだ1/33の高確状態。100回越えで1/888を引くと即電サポ終了。
※電サポの無い状態での大当たりのうち0.4%はRUSH直撃当たりがある

3: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【ステージ】
通常時のステージは「クレオパトラステージ」と「しゅごsixステージ」の2種類。
「クレオパトラステージ」へよく行けば高確示唆だが、低確でも行きまくるので
あまり気にしなくていい。

【通常時予告】
基本としては「複数の強チャンスアップ待ち」となる。
どんな予告も単体では非常に弱いので先読みも含めた強予告が重なるのを待とう。
信頼度では「キレパンダ」もしくは「胸アツ」が最高クラスの物となり
強い演出の複合+「キレパンダ」or「胸アツ」で安心できる、といった感じ。

なお、以下の解説において「確定」とついている物は注釈がない限りは
当たりが確定するのみであって、その後のバトルの勝利は確定しないので注意。
また、雑誌情報のみの場合はその旨を書いてあるが、現時点で既にいくつかの
ガセ確定の雑誌情報を確認してるのであまり過信しないように。

○確定演出
以下3種は出た時点で当たり確定となる。
・一発告知ファンファーレ
主題歌「GIRLS A-GO-GO」のサビ部分のファンファーレ。主に回転開始時に鳴る。
・実写
様々な場所で出る。全て確定。必ず「一発告知ファンファーレ」を伴う。
・パトチラ
主に各所のボタンプッシュ時に画面下部の【クレオパトランプ】(正式名称)がキュイン!と鳴る。

○リール始動予告
左から順回転<右から順回転<同時にスロー回転
回転時にどのリールから回り出すかのチャンスアップ。
なお通常回転とスロー回転の違いは図柄上部のランプの点灯で簡単に見分けられる。
ランプが全てついてなおかつ全リール同時に動けばスロー回転。
スロー回転ならまずまずの熱さで、潜伏時なら十分期待できる。

○上部スロット予告
リール上部の液晶でのミニスロット演出。揃った図柄で演出示唆。
リプレイ=擬似連、ベル=リーチ、スイカ=SPリーチ、バトル揃い=確定、
角チェリー=確定、中段チェリー=確定、7揃い=バトル勝利確定となる。
スロットが外れたのにリーチがかかったり、ベル揃いなのに擬似連に発展しても
別に矛盾ではないので注意。地味に角チェリーでも確定。

○図柄透視予告
リールの一部が破れて停止図柄が透けて見える予告。ボタンが透視される事も。
数字ではなくキャラの一枚絵が見えてた場合は擬似連確定。
また、リールの背景が夜背景になるのもこの予告の一部となり
夜背景ならそこそこの強さの予告となる。他の強予告との複合を期待しよう。
なお、中央の図柄を透視してリーチがかかった場合は当たり確定となる。

○剣予告
・キャラ しゅごsix<クレオパトラ
全5段階でステップアップして行く予告。正式名称は「剣刺しホルス照射予告」
剣が右上から飛んできて刺されば盤面の3つのホルスランプが液晶の剣に向けて
ビジョンを照射する。キャラクターはクレオパトラの方がチャンスだがあまり差は無い。
STEP4でリーチ確定、STEP5なら胸アツ。

4: 名無しさん@ドル箱いっぱい
○壁破壊予告
・キャラ しゅごsix<クレオパトラ
・文字 リーチ<チャンス<胸アツ
ボタン連打で壁を破壊して一枚絵が出れば成功。文字が「もう一回」なら擬似。
クレオパトラの方がチャンスだがあまり差は無く、文字の内容の方が大切。

○トレーディングカード予告
しゅごsix<コスプレクレオパトラ
全7段階でステップアップして行く予告。「もう一回」なら擬似。
コスプレの方がチャンスだがコスプレかどうかよりも何段階目まで行くかの方が重要。
7枚目まで行けば胸アツ。なおセリフの色と内容は固定されていて文字色変化などは無し。

○キャラステップアップ
全7段階でステップアップして行く予告。「もう一回」なら擬似。
演出的にも期待度的にもトレーディングカード予告とほぼ同じで7人目まで行けば胸アツ。
セリフの内容や色が固定されていて文字色変化などが無いのも同じ。

○キャラ会話
・吹きだしの色 青<赤<キレパンダ
いわゆるセリフ予告。セリフが「もう一回」なら擬似。
吹きだしの内容は期待度とは関係なく、色でチャンスアップ。
赤は地味に強めのチャンスアップでそこそこ当たりに絡む。

○ハンド煽り予告
前半のみ<後半のみ<前半と後半2回
ペンペンハンドが動いて煽ってくる演出。動いた時点でリーチは確定。
動くタイミングは回転開始直後とリール停止少し前の2回。
2回とも動けばややチャンスだが基本的には空気演出。

○ペンペンフラッシュ予告
盤面にあるペンペンランプが何度も画面にフラッシュして煽ってくる演出。
最終的にでかいボタンになるが押してもガセ有り。
主に擬似連対応だがたまに次回予告や悶絶萌え萌えカットインなども。

○ペンペン連続予告
・キャラクター しゅごsix<クレオパトラ
いわゆる擬似連。発展タイミングはペンペンフラッシュ予告後やリーチ成立後など。
「もう1回」の絵がクレオパトラならチャンスアップだが期待度にそれほど差は無い。
擬似3ならそこそこ強く、潜伏ならよく当たってくれるが低確状態ではこれだけだと弱い。
擬似2の時点でリーチは確定するので擬似2以降に非テンパイで更に擬似確定。
擬似4は当たりが確定するだけでなく【バトル勝利も確定するプレミア】となっている。

○悶絶萌え萌えカットイン
本機最強予告の一つ。主にリーチ後カットインで出てくる場合が多いが
そこ以外にもボタンを押す場面なら色んな所で出てくる可能性がある。
イラスト絵は「どきどきクレオパトRUSH復活大当たり」の時に出てくる
カットインと同じもので、強予告の複合が無いと厳しいこの台において
単体でも期待大となる数少ない演出となる。外したら泣いてよし。

5: 名無しさん@ドル箱いっぱい
○下部ウィンドウ演出
液晶下部のウィンドウが開いて展開される様々な演出。
無意味なものが多く各演出は重複しない。

・メッセージ予告
羊皮紙<ハートマークのノート
羊皮紙の場合は台の解説やキャラの解説のメッセージばかりのほぼガセ演出。
ハートマークのノートだと期待度や演出示唆の文章が出るが曖昧な文章が多く
期待度が高いのも「胸アツ」や「次回予告」が出た時くらいとなる。

・グラビア写真予告
しゅごsix、もしくはクレオパトラのグラビア写真が出てくるが
クレオパトラが出てもリーチすら確定しない意味不明の演出。

・双眼鏡演出
双眼鏡を除いて遠くに映し出されたもので期待度示唆・・・だと思うが
蜃気楼、竜巻、誰かのおっぱい、誰かの足、しゅごsix、市街地、スフィンクスなど
どれが出てもリーチすら確定しない存在意義のわからない演出。
唯一、誰かのおっぱいが出て「もう一回」と書かれていた時のみ擬似が確定する。

・宝箱
 ・宝箱の色 木箱<青箱<赤箱
 ・出てくるコインの文字 リーチ<チャンス<胸アツ or キレパンダ
三つの宝箱を開ける演出。コインが出てくれば文字に注目。「もう一回」は擬似。
赤い宝箱ならコインが出てくるのが確定かつ、かなり強い演出となる。

また、雑誌情報のみで実戦では未確認だが「コインが2枚出てくれば」
コインの種類に関係なくバトル勝利確定となり「コインが3枚出てくれば」
なんと【クレオパトRUSH確定】のプレミアとなる、らしい。
(要するにバトル勝利+保留内での当たりが確定する)

○ツタンくん予告
ツタンくんが色々活躍する演出。当たりに絡むことが多いので地味に重要。

・石割り演出
つるはし<ドリル<隕石
ツタンくんが画面中央の石を割ろうとする演出。割れば「先読みレンズ予告」に繋がる。
割ったあとのレンズを更にこの演出で色をランクアップさせる場合もある
隕石なら割れor色変化が確定の上にレンズが非常に赤になりやすいので大チャンス。
また、雑誌情報のみで未検証だが「つるはしで色変化」した場合は
その保留で当たれば「バトル勝利の可能性がアップする」・・・らしい。

・タオル落下演出
お? おおっ? おおおっ!? おおぉぉぉ~~~~~……
タオルがツタンくんの頭に乗ればその内容で演出示唆。「先読み」ならまずまずの強さ。
その他は、もう一回=擬似、胸アツ=胸アツ、バトル=確定
次回予告=確定、おしおき=バトル勝利確定と言った感じ。

・パトランプ落下演出
タオルの代わりにパトランプが落ちてくる事があり、受け止めれば確定。
ぶつかって落とせばガセ。強い先読みと絡めばあっさりキャッチするが
先読み無しだとほとんどガセとなる。

・くす玉演出
くす玉の中のビラで演出示唆。中身はほとんどがタオル落下演出と同じだが
こちらは意味の無いガセ演出が少し多い。「ファイト!」や「もしかして?」などの
何が言いたいかわからない曖昧な文字は全部ガセと思ってよし。
その他は、もう一回=擬似、胸アツ=胸アツ、バトル=確定
次回予告=確定、おしおき=バトル勝利確定と言った感じでほぼタオルと同じ。

6: 名無しさん@ドル箱いっぱい
○ミッション系演出
・ミッションの文字の色 青<赤<キレパンダ(確定)
図柄始動と同時に発展するミッション系演出。ミッション成功で大当たり。
「戦闘準備」「宝箱捜索」「しゅごsix集合」の3種類のミッションがあるが
ミッション内容での期待度の差は無く重要なのは文字の色となる。赤で激アツ。
また先読み演出と複合する場合があり強めの先読みならやはり激アツとなる。
逆に先読み無しの文字が青だとほぼハズレとなってしまう。

○次回予告
出た時点で当たり確定。主に各所のボタンプッシュからプチュン!となって発展する
次回予告には「バトル予告」と「ペンペン予告」の2種類があり、後者ならバトル勝利確定。
「ペンペン予告」なら暗転後すぐに軽快なミュージックが流れ始めるのですぐわかる。
また、本機における様々な予告で「次回予告」を示唆するものは
全てその時点で次回予告が確定し、当たりも確定となる。

○一撃トリガー予告
リールが一つずつ逆回転して行き、全て逆回転するとクレオパトRUSH直撃となる
本機最強のプレミア演出。確率からいってそうそう成功する演出ではないが
この演出は「絶対に先読み演出を伴わない」ので当たる時は本当に突然当たる。
なおリベンジモードではこの演出の代わりに「ホワイトアウト演出」になる。

【先読み予告】
本機では非常に重要な予告の一群。通常時は基本的に強い先読みを待つ事となる。

○点滅保留
保留が点滅する。入賞と同時に点滅する事もあれば、消化手前で点滅する事も。
あまり強い先読みではないが潜伏高確中ならよく当たりを持ってきてくれる。
また先読み演出の中では唯一「大当たり後も残る演出」であり
点滅保留を残したまま当たってバトルにも勝った場合は大いに期待して良し。

○カウントダウン予告
かなり強めの先読み演出。画面いっぱいに大きな白っぽい数字が出てくる。
先読みレンズ予告のカウントダウンの数字とは全く別物なので注意。
演出優先度的に一番最初に見る先読み演出となるのでここからの展開に大いに期待。

○先読みレンズ予告
青<黄<緑<赤
画面中央の石が割れてカウントダウンの数字付きの先読み色保留となる演出。
主にツタンくん石割り予告からこの演出に繋がるが、ツタンくんが絡まずに
いきなり色レンズに変化することもある。なお必ず点滅保留と複合する。
赤はかなり強く潜伏中ならほぼ当たるが、赤以下だと期待度はガクッと下がる。
ただし弱い色のまま当該保留になっても擬似連を経て赤まで育つ事は多いので
青や黄色でも諦めずにその後の展開に期待しよう。

○同色停止先読み予告
青<緑<紫
同色の図柄が三つ停止する先読み予告。
当該保留までにランクアップはしてもランクダウンはしない。
この演出での紫は地味だが先読みとしては【本機最強クラスの信頼度】となっている。
不等号であらわすなら「青<緑<<<<<<<<<<<<<紫」くらい強く
赤レンズよりも更に強いのでドキドキしながら経過を見守ろう。

7: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【特殊ゾーン】
特定条件下で突入する特殊なゾーン。オアシスゾーン以外は気にしなくていいかも。

○おねだりタイム
説明!ヘソに玉を入れて!ハイビスカスランプが点灯すれば!オアシスゾーン突入!
通常時に図柄消灯×3から突入する特殊ゾーン。何かの先読みゾーンに見えるが
実際には「何も先読みしてない」事がほとんどであり、要するにこの演出中に
当たりを引くか強いリーチを引けばハイビスカスが光りますよ、と言う
あまり他の台で見かけない珍しい演出となっている。

保留内に当たりかもしくは強いリーチがあれば(もしくは引けば)
ハイビスカスランプは簡単に点灯するが、逆に言えば点灯しなかった場合は
その時点での保留がほぼ全滅となってしまう・・・
ちなみにヘソに入れた時のエフェクトが「青<黄<緑<赤」で
チャンスアップとなっており、赤ならハイビスカス点灯が確定する。

また、おねだりタイム終了直前にいきなり実写カットインが入って
その回転で直接当たると言うレアな確定パターンもある。
赤レンズなどからの強い先読みからならほぼこれになる。

○オアシスゾーン
・背景の色 青<黄<緑<赤
かなり強めの先読みゾーン。上記のおねだりタイムから、もしくは通常時に
保留を満タンにすればハイビスカスランプ点灯から突入の可能性有り。
リールの後ろの色がチャンスアップとなっており、赤なら期待大となる。

注意すべきは「通常時保留満タン」からのオアシスゾーン突入率であり
「保留内に当たりが存在する」時に保留が満タンになれば非常に高い確率で
オアシスゾーンに突入してしまうため、逆に言えば保留満タンで
ハイビスカスランプが光らなければほぼその保留は全滅となってしまう・・・

また、ゾーン中にボタン連打で下ウィンドウの「Heat Zone」の文字が点灯していくが
この点灯はオアシスゾーンの期待度とは全く無関係となっており
全点灯しようが一つだけのままだろうが当たりには影響しない。
なお、オアシスゾーンは該当の先読み保留が外れてもゾーンを抜けないと言う特徴がある。

○ヒートゾーン
一見するとオアシスゾーンより更に熱い先読みゾーンに思えるが
実際は「突入時での先読みの可能性は0」であり、先読みゾーンではない。
突入条件は「オアシスゾーンで外れる事」+「その後の抽選に受かる事」

雑誌等には移行した時点で「潜伏高確中確定」との記述があるが
通常低確率が確定してる状態(RUSH後当たり0)でのヒートゾーン突入を確認しているため
あくまで潜伏高確の可能性大、と言うだけのゾーンである。あと図柄がエロくなる。

なお、雑誌情報のみで未検証だが「ヒートゾーン中に4図柄で当たる」と
「クレオパトRUSH」の突入期待度がUPする、との情報もあるが
レアケース過ぎてサンプルが一件も取れない・・・

8: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【リーチ前予告】
○リーチライン予告
リーチ<チャンス<胸アツ
リーチ直後の演出。文字がパンツに見える。と言うかパンツ。
できれば胸アツを期待したいところ。ライン成立後に擬似連に行く場合もある。
擬似連に行かなければリーチ後予告へ。

○リーチ後予告
リーチ成立後の予告。以下の各演出は複合しない。
・カード予告 白<赤
液晶にカードが突き刺さる。赤でも全く強くなく、この演出が選ばれた時点で弱い。
とは言え潜伏中ならサクッと当たったりもするので油断しないように。

・チラ見え ツタンくん<ラクダ<ミイラっ娘<クレオパトラ<キレパンダ
弱めの演出だがキレパンダまで行けばさすがに期待していい。
クレオパトラはチャンスと言うよりは当たるための最低ラインと言った感じ。

・フレアウィングルーレット
 ・右回り下停止<左回り下停止<左右から上に登り上部停止
 ・白<赤<レインボー(確定)
フレアウィング(台の外枠)を使ったルーレット演出。
枠の最上部、または最下部のボタンのところで停止すれば演出成功。
ただし成功してもほとんど色は白で、そこまでの予告が強くなければ
全く期待できない。赤になればかなり熱いが滅多に出ない。

・萌えカットイン
しゅごsix<クレオパトラ
強そうに見えて意外と頼りにならない予告。クレオパトラの方が熱いがあまり差は無い。
よく意味なく出ては簡単にハズレるのであまり期待しないように。

・群
リーチ後ボタン予告の中では確定を除き最強となる。強予告と絡めば確信して良し。
ちなみに群には「クレオパトラ群」と「キレパンダ群」の2種類があるが
期待度はどちらも同じと言う謎仕様になっている。

9: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【リーチ演出】
○突当たり
リーチがかかる前に当たる。当然確定。

○ノーマルリーチ
ショート<ロング
ノーマルリーチ。ロングは止まる時に「えい!やー!たぁ!」みたいな感じで止まる。
通常低確時には期待度が1%を切るが潜伏高確時には信頼度が跳ね上がり
むしろ潜伏時のメインの当たりがほとんどこのリーチからとなる。
つまりノーマルリーチで当たればいくらハマっていても潜伏高確の可能性が高くなり
それはバトル勝利も期待度も低いと言うことなので、100や200ハマっても
ノーマルリーチで当たったのなら軽く絶望して良し。

○SPリーチ
本機唯一のスーパーリーチだが、とにもかくにも当たらない印象が強い。
その理由は二つあって、強予告からのハズレは必ずSPリーチハズレで終わる事と
潜伏高確中はこのリーチ自体の期待度が激減してしまうからである。

特に潜伏状態での期待度ダウンは酷く、この台の潜伏高確中は
全ての予告や演出の期待度が上がるのに、何故かSPリーチのみ期待度が下がり
恐ろしいことに「ノーマルリーチ以下の期待度」となるため、このリーチが全演出中
最も期待できない演出となってしまう。(つまりSPリーチに発展した時点でガッカリ)

このリーチで当たるためには確定演出を除けば最強系の先読みとチャンスアップを
全部乗せ特盛り!!ってくらいに盛らないと当たってくれないので覚悟しておこう。
と言うかぶっちゃけ確定待ちである。

・リーチ図柄
ステージ対応キャラ<それ以外のしゅごsix<クレオパトラ
ステージ対応キャラ以外ならチャンスアップとなるが実感できるほどの差は無し。
クレオパトラ図柄でのリーチならしゅごsixよりも遥かに強いが
そのクレオパトラリーチですらチャンスアップが少し弱いだけで絶望となる。

・カットイン 青<赤<キレパンダ(確定)
赤でも全く頼りにならないが、かと言って青だと絶望5割増しなので
とりあえず赤を願おう。キレパンダか実写なら確定となる。
また、雑誌情報のみで未検証だがカットインのタイミングでパトランプが
ペカッた場合はその後の「バトル勝利の可能性がアップする」らしい。

・キャラ矛盾(激アツ)
本当に弱いSPリーチだが、キャラ矛盾だけは話が変わり確定級の激アツとなる。
ちなみにクレオパトラ図柄テンパイからのキャラ矛盾で当たった場合は
当然クレオパトラボーナスとなるが、1~6図柄テンパイからキャラ矛盾で
クレオパトラリーチとなり当たった場合は、バトルに突入するが勝利確定のバトルとなる。

10: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【リベンジモード】
バトル敗北後、またはおしおき失敗後に突入するモード。20回転限定、全6ステージ。
おしおき失敗後は「萌えキュンステージ」に移行し、バトル敗北後は
瞑想→黄昏(昼)→黄昏(夕)→黄昏(夜)→真白の順でループする。

まれにバトル敗北後に「萌えキュンステージ」に移行する場合があるが
この場合は残り保留で必ず「バトル勝利確定」の大当たりとなる。
この演出矛盾は【保留内にバトル勝利の当たりが有る場合はほぼ必ず発生する】ので
逆に「萌えキュンステージ」に移行せずに残り保留で当たった場合はほぼ敗北確定となる・・・

このモードでは演出、リーチともに非常に簡素なものになるが
注目すべきは「リベンジ図柄」で、前回のバトル敗北相手と同じ図柄は
このモードの間に揃えば勝利確定となる。(モード抜け後は意味無し)
要するに5→5や2→2で当たればおしおきタイム確定となるのだが
リベンジ図柄でのリーチは釣りが非常に多く、特にキレパンダセリフで
リベンジ図柄のリーチがかかった場合はほぼ外れてしまい、これが原因で
リベンジモード中のキレパンダの信頼度はかなり低くなっている。
なお、リベンジ図柄以外での当たりでも別に敗北確定ではないので誤解なきよう。

また「7」リーチは当たればおしおきタイム確定となり、滅多にリーチにならないが
その割にはリーチになっても余裕でハズレまくるので変に期待しないように。

雑誌情報によれば20回転する前に通常ステージに移行した場合は
通常低確率確定となるらしいが実戦上は一度も確認した事がありません。

○ミニキャラ予告
背景に色んなキャラが出る。強キャラならリーチは確定。
強キャラは瞑想=ホルスの目、黄昏(昼)=スフィンクス、黄昏(夕)=プテラノドン
黄昏(夜)=隕石となる。なお真白ステージではミニキャラ演出自体が発生しない。

○あざ笑い予告
1人<3人<6人<ツタンくん
SDキャラにあざ笑われる予告。みんな良い顔をしてる。セリフ予告とは複合しない。
6人、またはツタンくんならリーチ確定。い~っひっひっひぃ~w

○セリフ予告
白<赤<キレパンダ
セリフの枠の色で期待度示唆。赤以上ならリーチは確定する。
前述の通り、ここでのキレパンダの信頼度は通常時より遥かに落ちるが
逆に言えばハズレる時の多くがリベンジ図柄となるので
それ以外の図柄ならキレパンダが出れば十分熱い。

【リーチ演出】
○突当たり
リーチがかかる前に当たる。当然確定。

○立ち上がれあたしリーチ
リベンジ中のリーチはほぼこれのみ。ボタン押しでキュイれば当たり。
チャンスアップは複数あった方が当たりやすいがリベンジ図柄は釣りが多いので注意。

○ホワイトアウト
リベンジモード中は通常時の「一撃トリガー予告」の代わりにこの演出となる。
なんとガセが存在しない。つまりホワイトアウトした瞬間にRUSH突入が確定する。
流れとしては回転開始と同時にホワイトアウト→クレオパトラのおねだり顔→
悶絶萌え萌えカットイン→アヒル登場となる。

11: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【しゅごsixBONUS】
クレオパトラとしゅごsixのバトル。勝てばおしおきタイムへ。
チャンスアップの基本は赤。赤より上は全て勝利確定となる。
チャンスアップパターンはたくさんあるが結局は先制攻撃待ち。
とは言え、先制攻撃でもその他のチャンスアップが弱いと
ほぼ鉄板で負けてしまうのでぬか喜びしないように。

先制を取った「後」の攻撃時のチャンスアップも勿論大切だが
もっと重要なのは【どの演出を経由して先制攻撃になったか】であり
「押し合いライン赤ツタンくん有り」で先攻だったり「赤月雲無し流星有り」で
先攻だったりすればその時点で勝ちを確信できるほど強い演出となる。

ちなみにバトルの勝敗はセグで決まっているので覚えておくといち早く勝利を察知できる。
「潜伏中のみ負けるセグ」で勝ったりすればその当たりが前回から3回転目だろうと
1/888を引いて低確に転落していた事が確定するし、逆に200や300ハマっていても
「潜伏中のみ負けるセグ」で負けたらずっと高確中だった事が確定する。
覚えておくと面白い・・・かも?

○キャラ矛盾(確定)
3で当たったのに敵キャラがイシス等。地味で気づきにくいが勝利確定。

○期待度の星
1(青)<2(黄)<3(緑)<4(赤)<5(レインボー:確定)
雑誌の情報によれば上記の順だが、実戦上では明らかに1での勝利が多い。
とは言え激アツと言うほどでも無いので1でも4でもその後の展開次第。

○押し合い
・ラインの色 青<赤<レインボー(確定)・ツタンくん 無し<有り
最初に月のカットではなく押し合いならチャンスアップ。
ライン赤、またはツタンくん有りなら先攻の可能性大でバトル勝利期待度も高い。
また押し合い中にボタンを連打するとヘソの上にあるダイヤランプが変化していき
赤まで変化すれば先攻確定かつ激アツ。

○月
・月の色 黄色<赤<キレパンダ(確定)・流れ星 無し<有り・雲 有り<無し
上記3種は複合し、チャンスアップが複合するほどチャンス。
また「流れ星有り」と「雲無し」は先攻が確定する。

○クレオパトラ先攻
・セリフの色 白<赤<金(確定)・オーラの色 青<赤<レインボー(確定)
・魔方陣の色 青<赤<レインボー(確定)・技名の色 通常<赤<金(確定)
とりあえず先攻をとってくれないと話にならないが、先攻を取っても
ここのチャンスアップが弱いと無理なのでとにかく赤を多く期待。

○敵先攻
・セリフの色 白<赤<金(確定)・オーラの色 通常<赤<レインボー(確定)
・技名の色 通常<赤<金(確定)
敵の先攻の時点で残りが全部赤でもあまり期待できない。
なおここのオーラの色は通常の色法則とは違い各キャラごとに基本色が決まっている。
(イシスで緑オーラはチャンスアップではなく最弱の色)

最終的にボタンを押して【オッパトランプ】(正式名称)が落下すれば勝利。
負けても暗転後復活あり。勝てばおしおきタイム突入。ようやく第一関門突破。

12: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【おしおきタイム】
本機最大の難関。しゅごsixBONUSと同様にチャンスアップの基本は赤。
また、赤より上のチャンスアップは全て確定となる。
赤が三つ以上重なれば期待して良し。1~2個だとちょっと厳しい。
基本は確定待ちだが確定無しで当たることも多いので最後まで諦めないように。

○バトル終了時の「おしおきタイムGET」の文字の色
青<赤<キレパンダ(確定)
バトル終了時点での保留の先読み。
以前に赤でも期待薄と書いたがスマンありゃ嘘だった、赤だとかなり期待できる。
とは言え確定ではないので過信は禁物。青の絶望感はかなりヤバい。
なおクレオパトラボーナスで当たった場合はボーナス消化後の
「ジョグでキャラを選んでね」の枠の中の色がこのチャンスアップに対応する。

○カットイン
青<黄<緑<赤<レインボー(確定)実写(確定)
ここ以降の赤は全て単体では弱い。複合を願おう。
確定演出ではここのレインボーが一番出易い。実写が最もかがやく場面。
また、雑誌情報のみで検証不足だが「青カットイン」が「連続して出現」すれば
それは先読み対応演出となるらしく連続するほどアツい・・・らしい。

○セリフの色
白<赤<金(確定)
カットインが赤でセリフも赤ならテンション上げて良し。金は滅多に出ない。

○「開始」の文字の色
通常<赤<キレパンダ(確定)
カットインが赤でセリフも赤でここも赤ならテンション最高潮。
あとはペンペンでのキレパンダを願うのみ。

○ペンペン&ハートの色
通常<キレパンダ(確定)
最初のカットインの次に確定が出やすい演出。
色はペンペン一回ごとに変化する可能性があるので最後までチャンス有り。
ちなみにキレパンダが出る時は変な音が鳴る(ぽよん)のでよそ見しててもわかる。
なお雑誌にはここの色が「青<黄<緑<赤<キレパンダ」の5種類あると書いていて
写真まで掲載されているが実戦上一度たりとも出たことが無いので誤情報だと思う。

○ハンド&パトランプの色
青<黄<緑<赤<レインボー(確定)
赤がチャンスアップと言うよりは当たる時はほぼ赤を経由しますよと言うだけで
ここだけが赤くなってもほぼ無理。とは言え青や黄色のままならもっと無理なので
ここまでのチャンスアップが強ければ上がれ上がれと念じながらペンペンしよう。

13: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【クレオパトRUSH】
本機の出玉獲得のメインとなる継続率97.6%の連荘ゾーン。
最初にジョグを回してキャラを選ばないとずっとペンペンできないので注意。
キャラ選択はオートを選べばハーレム前でも4人ペンペンやら6人ペンペンなどができる。
当たりのメインは突当たり、先読みのメインは点滅保留。
演出は基本的に強いものが多いが、ラスト10回転のみ釣りの頻度が跳ね上がる。
ラスト10回転を抜けてどきどきに突入すれば釣りは無くなる。
なおRUSH中は「7」で当たっても何の意味も無い。
実写PVは10連ごとに決まって出る演出で状態示唆や先読みなどは何もしていない。

また、雑誌情報によると「赤保留やミイラっ娘を外すと転落の可能性が高まる」とあるが
実戦上では全くそんなことは感じない。むしろ赤保留ハズレは珍しくて記憶に残るが
その時にRUSHが終了した経験が全く無いのでまぁ気にしなくていいと思う。

○点滅保留
RUSH中のメイン予告かつ確定以外で最強の信頼度を持つ演出。
あまりにも信頼度が高いため確定演出と勘違いする人がいるほど。
ただしラスト10回の釣り状態だとその信頼度もガクッと下がる。
とは言え、それでも点滅保留ならそこそこ当たってはくれるが。

○落雷エフェクト予告
白<青<黄<緑<赤(確定)
RUSH中メインの突当たりは早過ぎて気づき辛いが実はこの演出が絡んでいることが多い。
一応期待度に差は有るものの赤以外の差は無いも同然。赤は確定。
また停止パターンが「即停止」と「1変動で複数回連続停止」と
「ロング変動後停止」の3パターンがあるが期待度に特に差は無い。赤待ち。

○順停止
ロング変動後に左から順番に止まる演出。期待度は高い方だがラスト10回はダメ。

○ミイラっ娘演出&でかミイラっ娘演出
・押し順 132<231(確定)・斬撃エフェクト 白<赤(確定)
他の演出の期待度が高すぎるせいでかなりハズレるイメージがある演出。
特に残り10回での釣りは酷く、逆鉄板かと思うくらいに当たらない。
期待度的には「3人<でかミイラ」だが気にするほどの差は無い。
3人の場合は逆の押し順、でかミイラは斬撃エフェクト赤で確定。

○おしおきランプ予告
1回転ごとに液晶右のおしおきランプの「おしおき」の部分が一文字ずつ点灯していき
全点灯で当たり確定となる演出。その性質上「保留満タンでないとこの演出にならない」のだが
RUSH中は消化が早い上に、電チュー周りが酷い台が多いのでこの演出を見る機会自体が少ない。
なのにガセが多いと言うトホホな演出。点滅保留などが絡むのを期待しよう。
ごくまれに保留が満タンでなくとも2点灯から始まったりする場合があり、その場合は確定。

○ハンド煽り
白<赤(確定)
RUSH中では最弱の演出。先読みでハンド役物がピョコピョコ煽ってくるが
4回続こうが8回続こうが何も確定しない。特にラスト10回は毎回のようにピョコピョコする。
空気感抜群なのであまり気にしなくてもいい演出だが、ハンドが赤だと確定演出となる。

○パトチラ(確定)
保留入賞時にクレオパトランプがチカッと光ればその保留での当たり確定。
カバーが閉まったままチカるので気づき辛い。

○ハイビスカス点灯(確定)
ボーナス消化中にハイビスカスが点灯すれば保留連確定。
保留内に当たりが有る場合はほぼ必ず光るが、光るまでに微妙に時間がかかる時もあり
止め打ちなどしない高速消化だと光る前にボーナスが終わることも。
なおハイビスカス点灯時はペンペンで+100が出る確率が跳ね上がる。
・・・打ち出し止めて稼いでみる?

16: 名無しさん@ドル箱いっぱい
【よくある質問&回答】
Q:この台潜伏と通常どっちが得なの?
A:潜伏状態の方が得だと結論が出てます。ただし潜伏だから捨てたらダメと言うことは無く
  また通常だからといって打ってはダメと言うほどでもありません。
  潜伏か通常かよりも回る台を打ちましょう。

Q:止め時は?
A:いつ止めてもOK。しいて言うならRUSH抜け直後が止め時です。

Q:バトルに勝てなさ過ぎなんですが?
A:潜伏時の時短ゲットは16%ですが、ゲットできる時の半分くらいがクレオパトラボーナスか
  バトル勝利確定のプレミアとなるので普通にバトルに行った時点で勝率は5%ほどです。

Q:RUSHでペンペンができないんだけど?
A:ジョグでキャラを選ばないと永遠にペンペンできません。

Q:RUSH中に実写でてきた! RUSH中に7揃った! おしおきレベルMAXまで行った!
A:特に何もありません。

Q:RUSHの最後右打ちのままだったのに落ちたんだけど・・・表示が左打ちになるんじゃないの?
A:それは時短100回を超えて「どきどきクレオパトRUSH」に入った時のみに起こる不具合です。
  ちょうど100回で終わる時は表示は右打ちのままです。

Q:全然連しないんだけど!
A:平均42連は5回に1回は10連以下です。過度の期待は禁物です。

Q:表示獲得数と実際の出玉が違い過ぎなんだけど!!
A:仕様です。と言うかパチはどの機種もそうです。
  連荘数が多ければ多いほど表示数と実出玉の差は開いていきます。
  そしてこの台は他の台より遥かに連荘します。よって他の台より差が酷く見えます。


このブログの人気記事

【パチスロ】鳥肌が止まらなくなる演出と言えば?

パチ屋に行く服装は?


【パチスロ】北斗の拳 転生の章 フリーズでも勝てない!

【パチスロ】デビルメイクライ4  実戦&攻略 NO2

【パチスロ】北斗の拳 転生万枚出すぎじゃね?


【パチンコ】CR百花繚乱 サムライガールズ 実戦&攻略!

パチ屋で、やってもらえたら嬉しいサービスとは?